KISIAについて

会長あいさつ

熊本県情報サービス産業協会 会長 足立 國功

 当協会は、テクノポリス構想におけるコンピュータ関連分野を促進する団体「熊本県情報産業振興協議会」が発展的に改組された業界団体として、ソフトウェア企業を主体に、平成11年5月に設立されました。
 わが国の情報サービス産業界では、IT・ICTの進展、そしてインターネットの普及や様々なデバイスさらに種々のセンサーの発達により、IoT(もののインターネット)、AI(人工知能)、ビッグデータなど社会・経済の有様を変えるとまで言われるものが出現し、新たなビジネス・チャンスが生まれてきています。
 このような中、当協会は「オープンイノベーションをプロモートする企業集団」を標榜して、まずは経営基盤強化のための各種講演会・セミナーの開催、最新技術習得のための勉強会や技術セミナーの開催、会員企業の実態調査、情報処理技術者試験の実施支援、ついで崇城大学との連携協定によるインターンシップ、会員企業の社員が同大学で研究業務で研修する逆インターンシップ等の活動を行う「企画運営委員会」、会員企業の社員を対象としたスキルアップやキャリアアップ、そして人材育成確保を行う「人材委員会」、さらには毎年当協会から熊本県知事、熊本市長あてに「施策提言委員会」により作成された提言書の手交を行っています。
 これらの活動の実績を踏まえて、IT・ICT関連の11団体による「機械、電子及び情報関連団体連絡会議」(議長:前熊大学長先生)が平成27年度に組織され、その事務局として活動しています。
また、国や県、そして情報サービス協会(JISA)より直接に指導・支援を受けるようになってきました。
加えて、当協会の役割のひとつであります情報サービス業の社会的認知度の向上については、最近では本県における業界としてのプレゼンスのアップが徐々に進んできています。
 これからも“会員あってのくまもと情産協”をモットーに業界の発展、そして地域の活性化にお役に立つよう積極的に活動してまいります。
そして、本協会が、チーム熊本の一員として熊本地震に負けない“元気な熊本”を情報発信する役目の一端を担うよう微力を尽くしてまいります。
引き続きましての一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平成28年7月

 

※当協会会長が経済産業大臣より「情報化促進部門」で個人表彰をいただきました。 (平成23年10月3日)

ページの先頭へ

設立趣意

熊本県内の情報産業発展の歴史は、昭和57年当時積極的に推進が図られていたテクノポリス構想の支援団体として、社会の情報化に係わる地域の諸問題に対処すべく、産・学・官一体となってのコミュニティーとして全国に先駆け熊本県内の情報産業の育成振興を図りテクノポリス建設構想の推進のため熊本県情報産業振興協議会(以下情産協と略)の設立に端を発し、以来時代の流れと共に社会情勢の変化に対応しつつ、関係各位の幾度の経営努力によって今日の発展を見るに至っております。

しかし、パソコンの爆発的普及と情報インフラ活用時代を迎え、もはや情報産業振興の必要性を啓発する時代は終り、新たな活力ある団体の発足に向けての気運が高まり、県情産協の発展的改組が去る平成11年3月24日の臨時総会において解散決議されました。

一方、高度情報化社会を迎え県民生活の向上及び県民福祉の充実を達成する上で、情報サービス産業の役割には大きな期待が寄せられているのも事実であります。すでに熊本県においては熊本県高度情報化推進懇話会が発足し、熊本県の将来の高度情報化の在り方が検討されています。

このように急速に拡大する情報化ニーズは行政サイドの施策のみならず、広く民間企業においても情報サービス産業の質的向上が求められ、コンピューターソフト関連産業の強化は地域の活性化だけにとどまらず、広く産業界全体の懸案となっております。

しかしながら、熊本県内の情報サービス産業の多くは資本や技術の蓄積も少なく、業界における明快な指針もないため、21世紀の基幹産業といわれながらも、経営基盤を強化し、高度の情報技術者を養成し、もって地域社会の高度情報化に向けてどうすれば貢献できるのか、また同時に産業界の期待に応えられるのか、ということについて試行錯誤を繰り返しているのが現状であります。

こうした情報サービス産業各企業の抱える共通の課題を解決すべく結束し、行政機関や関連諸団体等との連携を密にしつつ、地域社会における情報サービス産業の将来像を模索しながら、真に高度情報化社会のリーダーとして確固たる地位を築き、もって地域社会の発展に貢献できれば誠に有意義なことであります。

よってここに業界団体として“熊本県情報サービス産業協会”の設立をご提唱する次第であります。

平成11年4月

 

ページの先頭へ

協会沿革

(平成11年3月 前身となる熊本県情報産業振興協議会が解散)

平成11年5月 熊本県情報サービス産業協会を設立、会長に野田照幸氏が就任

平成22年5月 会長に足立國功が就任、事務局を熊本ソフトウエア株式会社へ移動

平成23年12月 任意団体から一般社団法人熊本県情報サービス産業協会に移行

ページの先頭へ

組織図

ページの先頭へ

役員

会長 足立 國功 熊本ソフトウェア株式会社 代表取締役社長
副会長 吉浦 政剛 ソフトウエアビジョン株式会社 代表取締役
副会長 坂田眞佐子 S・T・K株式会社 代表取締役
理事 佐藤 正文 マインドソフトウエア株式会社 代表取締役社長
理事 水田 誠 富士ゼロックス熊本株式会社 代表取締役社長
理事 水村 宗行 株式会社熊本計算センター 代表取締役社長
理事 小嶋 昌二 株式会社肥銀コンピュータサービス 代表取締役社長
常任幹事 松脇秀三郎 株式会社テクノアート 代表取締役社長
幹事 荒木 卓也 株式会社メディアプラン 代表取締役社長
幹事 岩本 保弘 株式会社熊本流通情報センター 取締役 システム事業部長
幹事 瀧澤 盛夫 株式会社九州ソフタス 代表取締役社長
幹事 富松 篤典 株式会社電盛社 常務取締役IT本部長
幹事 西島 修一 株式会社KSK九州 代表取締役社長
幹事 山城 裕慈 株式会社エヌ・アイ・ケイ 常務取締役
幹事 西野 慎一 株式会社レイメイ藤井 常務取締役 熊本本店長
幹事 浦口 康也 株式会社くまなんピーシーネット 代表取締役
幹事 富山 孝治 株式会社システムフォレスト 代表取締役
幹事 富田 義一 株式会社KIS 取締役 経営管理本部長
監事 緒方 新一 株式会社構造計画研究所 熊本構造計画研究所 社内ICT室 技術担当部長
監事 菅 一雄 熊本南法律事務所 弁護士

理事:7名 幹事:11名 監事:2名  総数 20名

 

事業顧問 野田 正昭 前 KIS相談役
事業顧問 大宮 政男 前 富士ゼロックス熊本(株)代表取締役社長
ページの先頭へ

企画運営委員会

会員企業向けの経営基盤強化活動を行います。
管理者交流会、若手交流会(情報サロン)、親睦会等を行います。
 

委員長 坂田 眞佐子 S・T・K株式会社 代表取締役
副委員長 西野 慎一 (株)レイメイ藤井 常務取締役 熊本本店長
委員 荒木 卓也 株式会社メディアプラン 代表取締役社長
委員 富田 義一 株式会社KIS 取締役経営管理本部長
委員 福山 太志 ソフトウエアビジョン株式会社 専務取締役
委員 大塚 高樹 株式会社熊本計算センター ソリューションシステム本部 地域ビジネスシステム部長
委員 瀬上 博資 株式会社肥銀コンピュータサービス 営業部長
委員 西島 修一 株式会社KSK九州 代表取締役社長
委員 村上 泉 マインドソフトウエア株式会社 システム統括部長
委員 富山 孝治 株式会社システムフォレスト 代表取締役
ページの先頭へ

ITユーザー懇話会世話人グループ

 

座長 西野 慎一 (株)レイメイ藤井 常務取締役 熊本本店長
主管 (株)レイメイ藤井
富士ゼロックス熊本(株)
(株)熊本計算センター
(株)KIS
(株)構造計画研究所
オブザーバー 坂田 眞佐子 S・T・K(株) 代表取締役
ページの先頭へ

人材委員会

各種セミナー、研修会等を行います。キャリアパスや教育プログラム等を研究・検討します。
 

委員長 水田 誠 富士ゼロックス熊本株式会社 代表取締役社長
委員 大塚 高樹 株式会社熊本計算センター ソリューションシステム本部 地域ビジネスシステム部長
委員 西島 修一 株式会社KSK九州 代表取締役社長
委員 田上 典敏 株式会社KIS 経営管理本部事業推進部 上席参与
委員 長谷川 薫 熊本ソフトウェア株式会社 情報関連人材育成センター 次長
委員 福山 太志 ソフトウエアビジョン株式会社 専務取締役
(事業顧問) 大宮 政男 前理事(人材委員長)
ページの先頭へ

施策提言委員会

熊本県知事や熊本市長に対し、当協会活動との連携を深めるため、関係部署との意見交換及び施策
の提言を行います。
 

委員長 富松 篤典 株式会社電盛社 常務取締役 IT本部長
副委員長 小嶋 昌二 株式会社肥銀コンピュータサービス 代表取締役社長
委員 西野 慎一 株式会社レイメイ藤井 常務取締役 熊本本店長
委員 富田 義一 株式会社KIS 取締役 経営管理本部長
委員 岩本 保弘 (株)熊本流通情報センター 取締役 システム事業部長
副会長 吉浦 政剛 ソフトウエアビジョン株式会社 代表取締役
副会長 坂田 眞佐子 S・T・K株式会社 代表取締役
ページの先頭へ

広報・会員増強委員会

県下における「くまもと情産協」会員増強を目的に、新規会員獲得に向けた周知活動をはかるための、企画立案とその実践を行います。すべての産業に対し魅力的に映る協会活動を基本としています。

 

委員長 浦口 康也 株式会社くまなんピーシーネット 代表取締役
副委員長 荒木 卓也 株式会社メディアプラン 代表取締役社長
委員 瀧澤 盛夫 株式会社九州ソフタス 代表取締役社長
委員 富山 孝治 株式会社システムフォレスト 代表取締役
ページの先頭へ

戦略計画委員会

KISIAの進むべき有り方を議論集約する委員会として今年度より設置

 

委員長 吉浦 政剛 ソフトウエアビジョン(株) 代表取締役
委員 緒方 新一 (株)構造計画研究所 社内ICT室 技術担当部長
委員 椎葉 裕一 (株)SYSKEN IT事業部 エンジニアリング事業部 担当部長
委員 増田 毅 西部電気工業(株) 取締役 熊本支店長
委員 島田 和男 (株)NTTドコモ九州 熊本支店 法人営業部 部長
ページの先頭へ

交流連携担当チーム

JISA、MISA等との交流・連携の窓口となり、KISIAの発展的脱皮を図ることとして今年度より設置

 

リーダー 水村 宗行 (株)熊本計算センター 代表取締役社長
サブリーダー 竹山  政秀 熊本ソフトウェア(株) 常務取締役
(事業顧問) 野田 正昭
ページの先頭へ

事務局

事務局長 竹山  政秀 熊本ソフトウェア(株) 常務取締役
事務局 伊藤 孝夫 熊本ソフトウェア(株) 業務推進室 次長
ページの先頭へ
ビジネス交流部会